So-net無料ブログ作成

第二回「日本ワイン試飲会」in北九州 [試飲会]

今年で二回目となる「日本ワイン」に特化した試飲会が、下記の内容で開催されます。

IMG_20151014_0001 (452x640).jpg
(↑クリックしていただくと拡大します)


出展ワイナリーは30社以上。出品ワインは40種類以上!(予定)
これだけの数の「日本ワイン」が北九州で一堂に会する機会はそうはありません。
少しずつ様々なワインを存分にお試しください。

今回は、4ワイナリーから営業スタッフの方がお見えになります。
色々と詳しいお話を伺いながら、より深くワインを味わう、またとないチャンスです!

さらに、各地から届く出来立ての新酒♪あり!
日本固有品種「甲州」&「マスカットベーリーA」の特集コーナー♪あり!

と・・・昨年を上回る、かーなーりッ充実した内容となっております。お見逃しなく!


さて、この所がぜん盛り上がりをみせている「日本ワイン」ですが、
「国産ワイン」という呼び名とは、ちょっと違うニュアンスで使われています。
結構大事なポイントなので、ちょっとご説明を。ご存知の方はどうぞ素っ飛ばしてください。

そもそもワインとは、その土地の風土を表現したものです。
日本で栽培されたブドウで造られたものだけを「日本ワイン」と呼びます。

そんなの当たり前じゃん!と思うでしょう?

しかーし、日本では、海外原料(ブドウ、濃縮ブドウ果汁、ワイン)を使っていても、
国内で醸造、ブレンド、瓶詰めすれば、「国産ワイン」を名乗ることができるんです。

さーらに、流通している「国産ワイン」のほとんどがこのタイプで、
日本の風土を表現した、真の「日本ワイン」は2割ほどしかありません。

・・・これ以上そのことについて、何か述べることはしませんが、
これが、日本のワインが誤解や偏見を受けている要因の一つであるのは間違いないでしょう。


今回の試飲会は、いわゆる「国産ワイン」とは一線を画す「日本ワイン」のみが揃います!


北は北海道から南は九州まで。
全国でワインは造られており、近年その品質は着実に向上しています。

「日本ワイン」に込められた造り手たちの熱い想い・・・

そんな想いを感じながら、
「日本ワイン」ならではの繊細で奥ゆかしい味わいをお楽しみいただければ幸いです。
(注:ボクは主催者ではありません)


なんとなく「日本ワイン」に興味がある方も・・・
これまで「日本ワイン」を敬遠していた方も・・・
まったく「日本ワイン」を知らなかった方も・・・

そしてもちろん・・・「日本ワイン」が大好きな方もッ

この機会にぜひ♪


チケットのお求めは、当店でも承りますので、お気軽にご連絡ください。
093-521-3003 Wine Bar ゆのうえ


ご参加の皆さまに、新たな出会いと発見がありますように。


ちなみに当日は、「日本ワイン」を愛する者のはしくれとして、
微力ながら、ボクもお手伝いさせていただきます。会場でお会いしましょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0